前から気になっていた「スティーブジョブス 子育て」について

早期教育

前から気になっていた「スティーブジョブス 子育て」について

2011年に亡くなったジョブスは、テクノロジーに関して本能的な才能があったが、親としてはローテクを貫き、子どもたちの電子機器の利用を厳しく制限すべきだと固く信じていた。

「私達は、子どもたちのテクノロジー機器の利用を制限しています。」と、ジョブスは2010年、我が子のハイテク機器利用時間が増えることを心配して語った。

現代の親なら百も承知だろうが、iPhoneやiPadは子ども達にとって非常に魅力的だ。これら手のひらサイズの機器は最先端のおもちゃである。長い休暇、長いドライブの間などの親が忙しい時に、親の代わりとなって、子どもたちを喜ばせ、気晴らしをさせ、静かにさせてくれる。

しかし、こうした超便利な助っ人に感謝する前に、それらの機器が子どもたちに及ぼす潜在的な害について心配すべきなのではないか?スティーブ・ジョブズはそう考えていた。今週発表されたニューヨーク・タイムズの記事で、ジャーナリストのニック・ビルトンは、ジョブスに彼の子どもがどのくらいiPodに夢中なのかを聞いた時の返事に驚いたことを回顧する。

「子どもたちは、(iPodを)まだ使ったことがないのです。私は子どもたちのハイテク利用を制限しています。」

「私はあっけにとられ、開いた口がふさがりませんでした。ジョブスの家ともなればハイテクオタクの天国のような場所を想像していたからです。壁は巨大なタッチパネルで、食卓にはiPadが埋め込まれていて、お客さんにはチョコレートのようにiPodがプレゼントされるような。 『いいや、それとは程遠いね』とジョブスは答えたのです。」

子どもがタッチスクリーンの機器で遊ぶことに関して大きな懸念を抱いているハイテク教祖はジョブスだけではない。

「ワイアード(Wired)」の元編集長、クリス・アンダーソンも、子どもたちが家庭にあるデジタル機器を使用する時間を親は厳しく制限すべきだと確信している。

「子どもたちは私たち夫婦が厳しすぎると文句を言います。友達の家にはこんなに厳しいルールはないってね。でも、それは我々は誰よりも技術の危険性を見てきているからです。自分自身でも感じています。子どもたちの身にそのようなことは起こってもらいたくないのです。 」

UCLA大学の研究者たちが最近発表した研究によると、数日間、電子機器利用を禁止しただけで、子どもたちの社交スキルがまたたくまに向上したそうだ。

このことは大いに考える材料を与えてくる。なぜなら最近のリサーチで平均的なアメリカ人の子どもは1日に7時間半以上スマホや他のスクリーン(テレビ、パソコン、ゲームなど)を見ていると言われているからである。

ジョブスは間違いなくハイテクの天才であった。しかし彼は深夜までスクリーンを見つめてアングリーバードで遊んだり、Facebookで近況を更新し続けたりはしてこなかった。

「スティーブ・ジョブス」の著者、ウォルター・アイザックソンは、このアップル共同設立者の家で多くの時間を過ごしたが、そこで見たのは、スクリーンタイム(画面を見つめる時間)よりも、フェイス・トゥ・フェイス(面と向かった)の家族の会話を優先するジョブスの姿だった。

「毎晩、スティーブは決まって、キッチンの長いテーブルで夕食をとり、本や歴史や様々なトピックについて話し合うのです。誰もiPadやコンピューターを使いません。子どもたちはデジタル機器中毒になっているようには全く見えませんでした。」

だから、アップルやサムソンや他のハイテク企業が、最新の小型ハイテク機器がなければ人生物足りないと感じさせるような宣伝を暗にしてきたとしても、そうした機器の創始者が全く違う考えだった事を忘れないで欲しい。

出典 http://www.ccore.co.jp

鍵は10歳

ここでスティーブジョブスがいう「危険」とは一体何なのでしょうか?子供達がこのようなデバイス中毒になってしまうことです。テクノロジーに関係のある経営者はこぞって子供達のテクノロジー機器利用に関して厳しく制限しています。(10歳以下は禁止、それ以上も30分のみ)

つまりその年齢の線引きは10歳なのです。10歳以下の子供はもっとも中毒になりやすいので、親達が線引きして、デバイスの利用を禁じているのです。10歳以上であっても学校のある日の夜にコンピューターの利用を許可していますが、それは宿題のためだけなのです。

ティーンエイジャーに対しては電話をかけたり、テキストを送ったりはできるようにするものの、データプランを与えることはしていないのです。

一番のルール

「一番のルール」これは寝室にスクリーンを持ち込まないことです。これは例外なしに守らせなくてはいけません。

最も大事なことは人との触れ合い、会話です。スティーブジョブスのようにありとあらゆることについて語り合うそんなことが大事なのです。

日本ではよく、公園などで子供達が駆け回ることなくベンチに座り、ゲームなどのコンピューターをもった子供を他の子達が囲んでみているという光景や、家族がレストランに来ているのにそれぞれが携帯、ゲームなどに夢中になっていて、会話が全くないという光景をよくみかけます・・・これは本当に本当に悲しいことです・・・

先日も息子の友達を連れて近所の図書館に行ってみたところ、彼はどの本にも興味を示すことなくiPadをおもむろに出そうとしました。。。私は慌てて止めましたが、すでに中毒になっていたことを悟ったのでした。彼はその後レストランに行ってもご飯が来る前、食べた後と少しでも時間ができるとすぐにiPadを要求していました。結局大勢で遊んだ時には仲間に入れず、一人ぼっちになってしまっていたのでした・・・

□ ゲームをしている時間を聞かれると、ウソをついて短く言っている。
□ やるべき事の前にゲームを始めてしまう。
□ ゲームをしていないと退屈でとてもむなしい感じがする。
□ ゲームのしすぎで、体の具合が悪くなったり、夜更かしのため朝、起きるのがつらい。
□ ゲームの時間を削ったり止めると、落ち着かない、感情的になる、悲しくなる、不安になる、イライラする。
□ プレイ時間をコントロールできると思っているが、実際やろうとすると切り上げられず、ずるずるとゲームを続けてしまう。

出典 http://matome.naver.jp

もしお子さんの症状に一つでもあたっている親御さんがいらっしゃいましたら今すぐ生活を見直してあげてください。これは親御さんが強い姿勢でお子さんとと向かい合わなくてはなりません。

我々大人でもスマホ中毒になっている人は大勢いると思います。親子で電車やバスにのっていても、親がスマホに夢中になっている。赤ちゃんに授乳しながらスマホをチェックしているなど・・・

子供は親や友達、先生、など様々な人と会話をかわし、コミュニケーションをとりながらその場に応じた立ち振る舞いや色々な考え方を学び大きくなっているのです。

大人のこうした様子をみながら、子供もスマホ中毒に陥っていきます。子供にスマホを持たせる、、持たせないと悩む前に、我々大人が自分自身の態度を見つめ直すことが必要なのかもしれませんね。

親に出来ること

もう一度基本に立ち返り、スマホとの付き合い方を考える必要があります。

小さな子供は親のすることはなんでもいいことだと思っているのです。スマホが悪影響だとわかっているのなら、あえて子供の前ではいじらないことなどを実行する必要があると思います。

大切なのは子供とのコミュニケーションはスマホを介してするものでないということなのです。




今日も最後までお読みいただきありがとうございました。


にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ