ファンによるファンのための「トミカ」買取サービス
ベルタ育毛剤

「帰国子女 セミリンガル」について

トリリンガル教育

「帰国子女 セミリンガル」について
  • 半額

バイリンガルといっても、両方のことばが強くなる場合と、弱くなる場合があります。最近の傾向としては両方のことばが学年相当のレベルより低くなることをセミリンガルと呼びます。

セミリンガルになる可能性

海外在住の子供達にとってセミリンガル的現象をもつ可能性は十分にあります。それを語彙テストだけで決定するのは危険ですし、学校で学習する言語の選択といっても多くの子供達にとって選択の余地がないのが海外在住の子供達にとって悩みとなってしまうのです。モノリンガルに個人差があるように、バイリンガルにももちろん個人差があります。

バイリンガルはモノリンガルを二つ足したものと考え、モノリンガルと差があるとすぐにセミリンガルと決定づけるのは良くないことだと思います。

このセミリンガル現象とは一体どんなものなのでしょうか?

1, 急に違った言語環境にはいったことでことばそのものの発達が遅くなる。
2, 新しいことばの習得途上で、現地語が伸びていく間に母語の力が落ちていくということ。

2つの例

<Aくんの場合>
Aくんがクラスで初のたった一人の日本人だった。半年が過ぎ8ヶ月が過ぎても「ぼうふら現象」が続いていた。その後、Aくんの言語発達の遅れが親の注意を引くようになった。ナーサリーの英語環境の中でAくんは相変わらずじっと黙ったまま。帰り際に「バイバイ」をのがやっとという状態だった。おとなしくてあまり手はかからないが、園児の仲間入りはほとんどしない。ところが帰宅して日本語の環境に戻ると、絶えず独り言をいう。日本語のような英語のような得体のしれないことばを発して、母親の日本語による話しかけにもぽかんとした表情でちらと注意を払うだけで、独り言に閉じこもってしまう。そこで英語で話しかけると「いや」と拒絶反応を示す。ある日、たまりかねた母親が「ちゃんと返事をしなさい!」と怒鳴ったところ、「チャントヘンジヲシナサイ」とそっくりまねただけ。ちなみにこの母親はAくんに話しかけるというより急がせるための命令が多く、童謡をうたってやったことはなく、童話を読んで聞かせることもあまりしてやってなかった。

出典 http://

<Bちゃんの場合>
4歳児Bちゃんは母親がアルバイトで忙しく、家にいてもほとんど話しかけてもらえず、いつもテレビの前に座らされている。夕方、片言の日本語を話す日系カナダ人の父親が帰ってきて、公園に連れ出してもらう。父親は3世で英語の方が強いが、母親のたっての願いで不得意な日本語でBちゃんと話す。4歳になって幼稚園に入ったある日、教師は子どもの話すことばが母親にもわからないことを心配に思った。Bちゃんが絵を指していうことばはほとんど理解できなかった。見当がついたのは「たごま」Eggぐらいだった。何かぶつぶつ言っているが日本語とも英語とも判明しがたい。クラスでは仲間遊びができずいつも教師の後をおいかける。教師は社会性も言語の発達も2年遅れという結論を出した。

出典 http://

親の役割とは?

幼児のうちは「まだ何もわからないから、どこにおいても同じ」と考える親がいます。「早くから第二外国語に慣れさせたい」と考える親もいます。

自分が学校に通いたいとか仕事をしたいとかの理由で子供を終日託児所に預けることもあります。家に帰ってもぐったりして、子供の相手をする体力も気力もないという状況に陥ります。その上に、もし親が第二言語が全く分からない場合は、子供の母語離れが進むにつれ、親と子のコミュニケーションができなくなります。

テレビも第二外国語、聞こえてくる言葉も第二外国語という環境からでは家庭で親が心して母語での「話しかけ」「話し合い」「読み聞かせ」をしないと幼児の母語は育ちません。

託児所などに預けることを全否定しているわけではありません。事実我が家は2歳前に息子を幼稚園に半日ではありますが入園させました。ただ、親の意識の持ちかただと思うのです。我が家は一人っ子ということもあり、団体生活や、人との関わりを持って欲しいと早くからの入園に踏み切りました。ようは「親のため」ではなく「子供のため」の入園だったということです。

この点を勘違いしてしまっている親御さんが周りにも多くいらっしゃるように思います。お手伝いさんに終日お子さんを預け、自分はエステ、ネイル、ランチ三昧のような方など・・・そういう親御さんのお子さんは必ずと言っていいほど言葉の発達が遅いのです。そしてコミュニケーションをとることが必ずしも上手ではありません。

家庭、学校、社会の三本柱揃って日本語に触れて育つ日本の子供たちとは違うということを特に海外にいる我々は考えていかなければいけないと思っています。



今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

1
  • devirockstore -デビロックストア-
  • devirockstore -デビロックストア-
devirockstore -デビロックストア-

関連記事

ピックアップ!

StartRush

ピックアップ!

ベルタ育毛剤

月別アーカイブ

半額
ファンによるファンのための「トミカ」買取サービス