ファンによるファンのための「トミカ」買取サービス
ベルタ育毛剤

家庭で作るトリリンガル環境作り

トリリンガル教育

家庭で作るトリリンガル環境作り
  • 半額

家庭環境は大切

トリリンガルに子供を育てたいならまずは家庭環境作りからです。

周りにどんな仲間がいるかが鍵になりますので、それにあった住居選びが必要となります。(周りが日本人ばかりではネイティブの子供と触れる機会はほとんどなくなりますので彼らに言語を矯正してもらうことがなくなります。これは大きくなるにつれて顕著となり、別言語での正確度で伸び悩むことになります。)

周りにそのような住居がないという場合は、他の方法で別言語に触れる機会を作れば良いのです。例えば家族ぐるみで現地の人と交流したり、習い事をさせたりするなどです。積極的に現地の生活に挑戦することが大事なのです。(もちろん子供だけでなく親も進んですることが大事です!)

言葉の使い分け

それぞれの言葉をしっかりと区別して使い分けることが大切です。それぞれの言語はそれぞれの文化からきているわけですから使い分けが必要となります。

わからない単語があっても他の言語で代用しない。つまりわからなかったらその単語をその言語で説明する必要があるのです。

我が家の息子も最近、カタカナをカタカナで言わず、英単語で言おうとするところがあります。。。これではちょっとしたチャンポンです。。。そう言った際には意識的に「◯◯ね。」と日本語式に正しい発音を言うようにしています。

訳さない

一つの言葉をもう一つの言葉で理解しようとすることは効果的ではありません。(そもそも日本の英語教育はこれなのですが・・・)

訳してしまうと子供はその言葉を学習する意欲をなくすと言われています。待っていれば訳されるからです・・・

言語学習はその言語でするのが一番です。考えることもその言語ですることができるからです。

日本語で話しかける

親が一番自信を持って使えるのは日本語なのですからまずは日本語です。日本語でたくさんの語彙を使い分けることができれば必ず別言語の語彙も増えてきます。

家庭で無理に別言語で話す必要などありません。むしろそうすることで後々、子供達が一度習ったものを習い直すという無駄をすることになってしまいかねないからです・・・(先生の中に、ご自宅で英語や中国語を使ってお子さんに話してあげてくださいと言ってくる先生がいたりしますが、ここはしっかりと日本語で行きましょう!)

一番大事なのは親が日本語で年齢相当の話題についての話し合いの場を絶やさないことです。日本語で考え、話し、読む、学ぶということが後々の別言語への基礎作りになるのです。

どれも大事

言語に順位をつけることはよくありません。特に親がこれをしがちなのですが、トリリンガルに育てようと思っているなら余計にそうです。

どの言語も大事だという姿勢を親が持っていることが何より大事なのです。また新しい言葉を習得する際に子供に過度な期待を持たないことも必要です。

ネイティブが周りにいたりするとついつい他の子と比べがちですが、比べてもどうにもなりません。まずはご自身のお子さんの力を信じてあげてください。



本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。


にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

1
  • devirockstore -デビロックストア-
  • devirockstore -デビロックストア-
devirockstore -デビロックストア-

関連記事

ピックアップ!

StartRush

ピックアップ!

ベルタ育毛剤

月別アーカイブ

半額
ファンによるファンのための「トミカ」買取サービス