ファンによるファンのための「トミカ」買取サービス
ベルタ育毛剤

日本語の必要性

トリリンガル教育

日本語の必要性
  • 半額

強い言葉と弱い言葉

息子の今の環境は一歩外に出たら中国語、学校では英語という環境です。ともすると母語である日本語と英語、中国語が競争することになります。年齢が上がるとともに学校での英語に触れる機会が多くなりますます日本語以外の言葉が強い言葉になります。そして現にそうなっているのを感じる今日この頃です・・・

このシフトが一番起こりやすいのが4歳から8歳までと言われています。まさに家族といるより友達といる時間が増え、どんどん言語の影響を受けてくるのです。そしてこの時期に後退してしまった日本語は横ばい状態、あるいは低下の一途をたどってしまうと言われています・・・

逆にこの時期を乗り切れれば後はなんとか維持可能とか・・・

鍵は4歳から8歳!

この時期に大切なのは:

1、母語で自分の気持ち、感情を表現すること
2、母語を使って考えること
3、母語でしていいこととしてはいけないことを知ること
4、母語で行動規範を学ぶこと
5、母語で価値を判断すること

ようは、家庭での日本語による刺激を十分に与えてやることです。その上で徐々に英語に触れるという生活を築いてやればいいのです。家の中でのことばのしつけも必要です。特に兄弟姉妹がいるような場合は、混用にならないようにしなくてはいけません・・・幸い我が家は一人っ子なので、その心配はなさそうです・・・

一貫した態度

海外生活がどれくらいで終わってしまうかということが定まっていない駐在家族に多いのですが、親の態度が一貫していないことです。。。

最近まで英語の塾にいっていたお子さんがある日突然日本語の塾に。。。本帰国が決まったからという理由でした。

日本人とは一切話をしてはいけないとまでして日本語を全く使わせようとしなかったご家族は本帰国後なぜか?ザ・ジャパンの国立校を受験・・・お子さんは慣れるのに相当時間がかかったそうです。

このような場合、一番の被害者は子供自身です。せっかく作り上げてきた友達関係や言語環境を親の身勝手さで壊されることになるわけですから・・・

どのことばも大事

親が取るべき態度は、どのことばも大事というスタンスです。どのことばの学習も大切ということなのです。極端な英語志向だったり、日本語志向だったり、中国語志向だったりでは子供のトリリンガル教育の妨げになるだけだと思います。

まさに4歳から8歳の間で、しっかりとした基礎を作ってあげる必要があるのです。これが十分に育っていない場合は、日常会話はできてもそのことばを使った考えたり、学んだりすることができないといういわゆるセミリンガルになってしまうのです・・・

母語を守るために親ができることといえば・・・

1、母語による話しかけ
2、母語による話し合い
3、母語による絵本の読み聞かせ

なのです。読み聞かせは12歳ぐらいまでしてあげてくださいと絵本セミナーに参加した際に作家さんがおっしゃっていました。なので日本であれ海外であれ読み聞かせは子供にとって栄養のようなものなのでしょう。。。

我が家では朝の1時間を日本語時間ときめて、音読や、プリントなどをさせています。それでも8時から15時までが学校だとすると、日本語に触れる時間は:
1、起床時間の6時から8時までの2時間
2、学校が終わってから自宅に帰るまでの時間30分(学校では帰宅ギリギリまでお友達と遊んでいるので日本語は無しとなります・・・)
3、夕飯→お風呂→絵本の1時間半(帰宅後すぐに英中の宿題がありますので、その間の日本語はカウントしてません)

こうして改めて見てみると1日わずか4時間しか日本語に触れておらず、7時間を英中の世界で過ごしていることになります。この3時間の埋め合わせをすべく、週末なるべく家族で過ごす時間を設けたいとは思っていますが、週5日分の埋め合わせとなると15時間ですからそれは大変です・・・習い事などを一切やめて一緒にいる必要があるという計算になるからです・・・汗 日本語を守るって案外難しいのです・・・



本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。



にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

1
  • devirockstore -デビロックストア-
  • devirockstore -デビロックストア-
devirockstore -デビロックストア-

関連記事

ピックアップ!

StartRush

ピックアップ!

ベルタ育毛剤

月別アーカイブ

半額
ファンによるファンのための「トミカ」買取サービス