ファンによるファンのための「トミカ」買取サービス
ベルタ育毛剤

文化によって異なる「友達」

トリリンガル教育

文化によって異なる「友達」
  • 半額

友達の定義(日本語)

互いに心を許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。友人。朋友 (ほうゆう) 。友。「友達になる」「遊び友達」「飲み友達」

2013年10月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。」キャンペーンでの「友だち」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆何年ぶりかに会っても、昨日も会ってても、その距離が変わらない存在。
mine-zouさん

◆遊びに行ったとき、「あいつもくればよかったのにな」と思い出す人。
kawatoさん

◆お金も肩も貸してくれる人。
Synさん

◆一緒にいて楽しいのが普通の友達。一緒にいるとお互いを高めあえるのが良い友達。一緒にいると足を引っ張るのが悪い友達。
みちこさん

◆無理して話さずとも沈黙が苦しくならない人。本当の自分をさらけ出し会話・相談できる心のよりどころ。
かんなチャムさん

◆恋人は体を裸にするが、友達は心を裸にする存在。
ほーがさん

◆自分の過ちをそっと指摘してくれる人。つらい時には傍で支え、喜びは共に分かち合える人。
わきさん

◆孤独から救ってくれる人。
SACHIさん

◆大人になってもあだ名で呼びあえる関係。
やまけんさん

◆100人作ろうと意気込むものの、10人いれば幸せな人生が送れると気づく、かけがえのないもの。
だいじさんさん

◆「元カレ」にも「ちょっと親しい知り合い程度の人」にも使える曖昧で都合のいい言葉。
KOさん

◆一般的には大事なものだが、好きな女性には言われたくない一言。「あなたとはこれからも―でいましょうね」
高雄さん

◆「親が知らない自分」を知っている人。
kaitoさん

◆自分の人生を映画にした時、エンドロールで極めて最初の方に名前が出てくる人たち。
JUGENDさん

◆思い込みの可能性あり。確認の取り方もよく分からない。
ゆうちくさん

◆一生のお願いをしてくる人。
980yenさん

◆夫より大事な人。
おみつさん

◆最近では「申請」して「承認」されなければなれない関係。
smzRUMIさん

出典 http://dictionary.goo.ne.jp

友達の定義(英語)


1.
a person attached to another by feelings of affection or personal regard.
2.
a person who gives assistance; patron; supporter:
friends of the Boston Symphony.
3.
a person who is on good terms with another; a person who is not hostile:
Who goes there? Friend or foe?
4.
a member of the same nation, party, etc.
5.
(initial capital letter) a member of the Religious Society of Friends; a Quaker.
6.
a person associated with another as a contact on a social media website:
We've never met, but we're Facebook friends.

出典 http://www.dictionary.com


このように「友達」という単語一つとってみても日英では概念も意味もかなり違います。

英語環境では皆「自分」をしっかりと持っています。ですから「他人」をほとんど入れません。ただ「自分」の周りには「他人」と交じり合う層があり多くの人間と交友関係を持つのです。ですから立食パーティ会場やエレベーター内でちょっと話しをした人が「友達」になると言われています。

日本語環境では「自分」と「他人」を区別する境界線がかなり曖昧です。ですから「自分」の中に入り込んで立ち入った話しができるという人が「友達」になると言われています。

海外に渡ってきた日本人の子供が「親友」ができないと悩んだり、逆に誰でもかれでも「ベストフレンド」と呼んだりするのはこのためなのです。

異文化習得

つまり、言語の意味を分かっているだけでは真のバイリンガル、トリリンガルとは言えないのです。その言語の背景にある目には見えない「行動規範」、「考え方」、「価値観」といったものを理解することが必要なわけです。

臨界期

さて、この異文化習得には臨界期なるものはあるのでしょうか?

以下にある調査結果があります。

1, 9歳以下
異文化の行動は真似ることができるが、文化の違いについては認識できていない。

2, 9〜11歳
文化の違いについてなんとなく捉えることができる。

3, 11〜14歳
文化の違いを捉えることができるため、行動は真似ることが出来ても違和感を感じる。

4, 14歳以上
母語文化の影響から離れることが出来ない。

ここから9〜11歳以前の異文化体験が非常に重要になっていることが分かります。言語習得だけでないグローバル人間形成にはこの時期を逃してはいけないというわけです。

そして同時に二、三言語の使い分けはもちろん二、三文化環境に子供を置くことが必要なのだと考えます。日本語の補習校などに通学するのも手ですよね・・・・


本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

内容が良かったらシェアお願いします!テンション上がりまーす!笑

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

1
  • devirockstore -デビロックストア-
  • devirockstore -デビロックストア-
devirockstore -デビロックストア-

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ベルタ育毛剤

月別アーカイブ

半額
ファンによるファンのための「トミカ」買取サービス