ファンによるファンのための「トミカ」買取サービス
ベルタ育毛剤

赤ちゃんへの働きかけ

早期教育

赤ちゃんへの働きかけ
  • 半額

愛情込めた働きかけ

親が子供を別の人格として認めつつ、愛情を込めて育てることはとても重要です。

子供は主に世話をしてくる一人か二人と安定した関係で結ばれることができれば、情緒や認知能力がぐんぐん発達すると言われています。親との関係は一時的なものではなく、永久的なメリットというわけです。

つまり子供の隠れた能力を伸ばすのは親しかいないということです。

環境づくりが大事

1980年代ぐらいまで子供の脳は遺伝子からの一方的な指示によって発達すると考えられていました。つまり、今は当たり前になっている3歳までに体験したことが知性や情緒や脳の構造に大きな影響を与えるとは考えられていませんでした。

妊婦と胎児はお互いの考えや気持ちを分かり合っている、母親が感じている焦り、ストレス、苦しみ、愛情などもわかっていると言われています。それは母親がその子を望んでいるかどうかまで全ての子供が知っているということです。親が平和で安定した環境に暮らしていれば子育てはうまくいくというわけです。

遺伝子が子供の運命を決めるのではなく、まさに子供が置かれている環境こそが子供の発達に大きな影響を及ぼしているといえるのです。

赤ちゃんはすべてお見通し

ある親子の話しです。

娘のソフィーは生まれた時、私のことを怒っているようにみえました。そういうとその場にいた医師や看護師はみんな笑って、「赤ちゃんにそんな感情はないですよ。」といいました。娘が12歳になったとき、思い切ってこのことを娘に尋ねてみたのです。

すると、「怒ってたわよ。だってママ、男の子を欲しがっていたんだもの。」という返事が返ってきました。

私はびっくりしました。なぜなら娘の言葉は本当だったからです。私は妊娠中から男の子が欲しくてたまりませんでした。ですからお腹の子が女の子だとわかった時は本当にがっかりしました。でもそれは一瞬のことです。すぐに私はお腹の子を愛するようになりました。

実は私は娘が小さい頃からずっとなんとなく娘との間に見えない壁があるように感じていたのです。娘は手のかからない子だったのに、どうしても、娘の心の中に入っていけないような気がしていました。この質問をしてお互いの心のうちを話し合った途端、この壁が消えたのです。私は今やっと親子の「絆」を感じています。

この話は赤ちゃんがいかに母親の気持ちを理解しているのかということを説明しているのです。

赤ちゃんの能力は無限

赤ちゃんの感覚器官は出生児から機能していて、驚くほど意図的、積極的に周囲の世界と関わってコミュニケーションをとっています。

また、赤ちゃんは味や匂いを識別します。生まれたばかりの新生児でも甘い刺激に対しては喜びの表情を浮かべ、苦い刺激に対しては不快そうに口をあけます。母親の匂いと他の母親の匂いを識別する嗅覚もあります。

さらに、新生児は生後一週間までに、自分の母親の声と他の女性の声を識別できるようになっているのです。

親子の愛

両親と赤ちゃんの愛は、はっきりと感じることができる情緒です。特に最初の数日間で築かれる絆は子供と両親の間で、生涯尽きることのない愛や優しさの源となるのです。

「絆」を強めるためには、親が子供と触れ合う時間を十分に取る必要があります。肌を寄せ合ったり抱っこしたりしてスキンシップをとるのです。そうすることで温もりを感じたり、目と目を合わせ微笑んだりします。子供の出す合図に親は体の動きや表情で反応するのです。これがまさに「絆」作りの第一歩となるのです。

我が家では生まれた時から必ず息子を心から笑わせるようにしています。大きくなってくるとお説教ばかりになってしまってなかなか難しいのですが、意識的にそういう楽しい時間、スキンシップの時間を取るようにしています。

もっと詳しく親子の絆について知りたい方は↓こちら。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

内容が良かったらシェアお願いします!テンション上がりまーす!笑

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

1
  • devirockstore -デビロックストア-
  • devirockstore -デビロックストア-
devirockstore -デビロックストア-

関連記事

ピックアップ!

ベルタ育毛剤

月別アーカイブ

半額
ファンによるファンのための「トミカ」買取サービス